海外キャッシングのトラブル

海外キャッシングのトラブル

トラブル発生時にすぐに助けを呼べるよう、空港や銀行内のATM利用がベスト。

 

 

海外キャッシングのトラブルには、いくつかのパターンがありますが、それぞれに予防策・解決策があります。自らがATMの前に立ち手続きをしますから、いわゆるスキミング被害とは、現在のところ無縁です。また、盗難や紛失の場合は、クレジットカードの場合と同じ、停止・再発行の手続きとなりますので、現金と異なり、「失くしたらお終い」というものでもありません。

 

以下が、海外キャッシングのトラブルのいくつかのパターンです。

 

 トラブルの状況  主な原因  予防策/解決策
カードがATMに吸い込まれる。
必要以上に操作に時間を要したり、やり直したことなどによるATM機のセキュリティ発動。

<予防策>
ある程度、事前に操作を把握し、引き出す金額も決めておくなど、やり直しが発生し、時間がかからないようにしてからATMを操作する。
●銀行スタッフがいる、銀行内のATMを利用する(銀行内であっても、夜間・休日などスタッフ不在の場合は利用しない)。

 

<解決策>
●吸い込まれたATMを運営している銀行などへ連絡。

 

※連絡する先はカード会社ではありませんが、カード会社に連絡した場合も、親切な担当者の場合は、仲介してくれるケースもあるようです。

操作を何度もやり直したなどのケースで、やり直した回数分の請求が来る(過剰請求)。
●ATM機のエラー

<予防策>
●ある程度、事前に操作を把握してからATMを操作する。
●操作を開始し、スムースにいかない場合は他のATM機に移動。

 

<解決策>
●自分が利用したキャッシングの金額を把握、利用控・レシート類も保管し、帰国後にカード会社に連絡。カード会社が、現地のATM運営銀行に掛け合ってくれる。

現金(現地通貨)が一度出てきて、受け取る前に機械に吸い込まれる。
現金を受け取るのが遅い

<予防策>
●現金の排出口がわかりにくいATMもあるので、事前に排出口を目視確認し、出てきたらすぐに受け取る。

 

<解決策>
●受け取らなかった分の請求がなければよいが、請求された場合は、帰国後にカード会社にその旨を連絡。現地のATM運営銀行と掛け合ってくれる。利用控・レシート類は必ず持ち帰っておく。

強盗(背後から襲われる)
●人目の少ないATM機を利用した。

<予防策>
●空港、ホテルのロビー、街角でも目立つところなど、危険の少なそうなATM機を利用する。
●背後にはいつも注意する。

スリ・詐欺
●話しかけられて、相手にした。

<予防策>
●話しかけられても、振り向かない。
●強盗の予防策と矛盾するが、人目につくATM機は避ける。銀行スタッフがいる銀行内のATM機が最も安全。

 

 

トラブル予防のポイントは、「ATM操作を何度もやり直さないこと」にあります。必要以上に操作に時間を要したり、操作をやり直すと、ATM機のセキュリティも発動し、トラブルの原因となります。海外ATMは英語で表示されますが、「WITHDRAWAL(引き出し)」と「CREDIT CARD(クレジットカード)」、このふたつの単語さえ頭に叩き込んでおけば、決してひるむ必要はありません。当サイトの「海外ATMの操作方法」も参考に、迷わず、素早く操作を進めてください。引き出す金額も、迷わないように事前に決めておくと良いでしょう。

 

ちなみに上の表のトラブルのうち、わたしが実際に経験があるのは「一度出てきた現金が吸い込まれる(機械の中に戻っていってしまう)」です。そのATMの現金の排出口は非常にわかりにくく、探しているうちに(数十秒?)、現金が吸い込まれてしまったものでした。現金を受け取っていないにも関わらず利用控には現金が引き出された旨、示されていました。帰国後、カード会社(こちらのカード会社です)に連絡して現金を受け取っていないことを申し立てたところ、現地のATMを運営する銀行と掛け合ってくれて、請求されることはありませんでした。最終的に事なきを得ましたが、このトラブルは、現金の排出口を事前に確認していれば予防できるものでしたので、それ以来、ATM操作を行う際は、必ず現金の排出口を確認してから行うようにしています。

 

スリ・詐欺について、観光都市でいうと特にパリが要注意です。右側から話しかけられて、右を向いた隙に左側から別の人間が現金を奪っていく、画面操作中に後ろから手が伸びてきて、勝手に最も高額な金額のボタンを押して、押し問答をしているうちに別の人間が排出口から現金を奪っていく、といった実例を聞いたことがあります。パリのスリには子供が多いので、子供だからといって安心は禁物です。

 

また、トラブルとまでは言えませんが、何かしらのエラーで海外キャッシングを行うことができないことも、わりと頻繁にあるようですので、海外キャッシングを行う旅行では、複数(最低2枚以上)のクレジットカードを持っておくと安心です。わたしもいつもそうしています。

 

 

海外キャッシングはこれ!海外でも抜群の知名度とネットワーク。

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

三井住友VISAカード

 

 

最短
3営業日

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下105円、1万円超210円」

 

●年会費無料のハードルが低く、キャッシングデスクの対応も良い。海外での信用も高いため、海外キャッシング専用カードにGood。

 

●一般カードでは抜群の海外旅行保険(クラシックカードで最高2,000万円、クラシックカードA・アミティエカードで最高2,500万円 ※利用付帯)
 
※三井住友VISAカードの詳しい説明はここ

 

学生向けカードの基本中の基本。「青田買い」のメリットに乗れ!

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

デビュープラスカード

 

 

 

カード到着まで最短3営業日

●学生専用カードでありながら、国内外でのキャッシング可能。限度額の初期設定は5万円だが、増枠も可能。海外キャッシングが目的であれば増枠も通りやすい。

 

●圧倒的な審査スピード。審査自体は申込から1時間以内で完了。急に決まった海外旅行にも対応可能。

 

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下108円、1万円超216円」

 

●年会費無料のハードルが低い。年に1回買い物をすれば年会費1,350円が無料に。
 
●26歳になると、審査なしで自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」にグレードアップ。誰よりも早くゴールドカードホルダーになることができる。
 
※デビュープラスカードの詳しい説明はここ

 

ANAマイルがザクザク貯まる。三井住友VISAカード運営。

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

ANAカード

 

 

最短
3営業日

●海外キャッシング、海外旅行保険(一般カードで最高レベル)における条件は、すべて三井住友VISAカードと同じ

 

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下108円、1万円超216円」

 

●年会費無料のハードルが低く、キャッシングデスクの対応も良い。海外での信用も高いため、海外キャッシング専用カードにGood。

 

●ANAマイルが貯まりやすい。「10マイルコース」の選択により、ゴールドカードと同じペースでマイルが貯まる。
 

 

 
「東京シャトル」の決済、海外旅行保険に大きなメリット

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

楽天カード

 

 

最短3日間

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下108円、1万円超216円」

 

●海外キャッシングはデフォルトが「リボ払い」となっているので要注意。 「リボ払い」解除はオンラインから可能で、方法はこちらから。この解除により、他のクレジットカードと同じように、電話連絡による一括返済も可能になります!

 

●永年年会費無料

 

※楽天カードの詳しい説明はここ

 

 

年に数回以上、成田・関空・中部・福岡から海外に行く人にはこれ!

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

楽天プレミアムカード

 

 

 

 

約2週間

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下108円、1万円超216円」

 

●海外キャッシングはデフォルトが「リボ払い」となっているので要注意。 「リボ払い」解除はオンラインから可能で、方法はこちらから。この解除により、他のクレジットカードと同じように、電話連絡による一括返済も可能になります!

 

※年会費10,800円だが、プライオリティ・パスの付帯により、年数回以上海外に行く人には十分に元がとれるカード。

 

※楽天プレミアムカードの詳しい説明はここ

 

 

審査に通りやすい流通系カードの代表格。JALマイルもよく貯まる。

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

イオンJMBカード

 

 

最短2週間

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下108円、1万円超216円」

 

●年会費永年無料。本家JALカードを凌駕するマイル積算レート!

 

●生活圏にイオングループの店舗がある人には損なし。

 

※イオンJMBカードの詳しい説明はここ