海外キャッシング比較・スタートガイド

三井住友VISAカード 海外キャッシング実記録データ(2019年)

このページでは、2019年に三井住友VISAカードを使用した海外キャッシングの実践データを綴っていきます。
キャッシュレス化も進んでおり、手元に現地通貨を残して帰国することも増えたため、旅行回数に対して海外キャッシングを行う機会も減ってきました。裏を返せば、いつも同じような国に行っているということでもありますが(笑)。

 

※それぞれ、返済額には海外ATM手数料を含みます。
※前年(2018年)の実記録データはこちら

 

 

2019年1月12日(土) 10,000香港ドル(HKD)

 

現地行動費として10,000HKDをキャッシングし、帰国翌日(キャッシング3日後)に一括返済しました。やや円高ですね。
久しぶりの香港ドルのキャッシング。それは前回、カジノで負けたからです(汗)。

 キャッシング日  キャッシング額  市場レート(1HKD当たり)  返済日  返済額(うち金利)  私のレート(1HKD当たり)  現金での両替額(予想)  節約額(予想I)
2019/1/12 10,000HKD 13.84円 2019/1/15 138,930円(不明) 13.89円 142,611円 3,681円