ANAマイルを貯めたい

ANAマイルを貯めたい

ANAカードの前にも後にも、ANAカード以上のカードは無し

 

ANAマイラーにとって、最もマイルが貯まりやすく、利便性が高いのはANAカードです。
ANAカードについてはこちらのページで詳しく説明していますからご一読ください。ANA便の使用回数がさほど多くはなく、ショッピング中心にマイルを貯める方が、「10マイルコース」を選択することにより、ゴールドカードと同じマイル還元率を得ることができるの点が、ザクザクとマイルを貯めていくために重要な点です。

 

ANAカードのマイル移行手数料とは?

 

さて、ANAカードといえば、問題になるのは「マイル移行手数料」です。ANAカードといっても、カード使用によるポイントが、そのままマイルになるわけではありません。クレジットカードに貯まったポイントをマイルに移行する際に必要となる手数料、これが「マイル移行手数料」です。例えばANAカードの一般カードの場合、交換レートは1,000円あたり5マイルと、低い水準です。これを「マイル移行手数料」を別途支払うことにより、交換レートを上げることができます。一般カードの場合、6,000円+消費税を年に1回支払うことにより、1年間、交換レートは1,000円あたり10マイルとなります。ANAカード各ブランドの「マイル移行手数料」は以下の通りです。

 

ANAカードのマイル移行手数料一覧

 

ANAカードZERO
ANA 一般カード
ANA Suicaカード
ANAワイドカード

5マイルコース 無料で自動加入

ANA JCB一般カード
(※2015年4月応募分より5,000円+消費税)
ANA JCB ワイドカード
(※2015年4月応募分より5,000円+消費税)
ソラチカカード

10マイルコース 2,000円+消費税

ANA VISA/Master学生カード
ANA VISA/Master一般カード
ANA Suica一般カード
ANA VISA/Masterワイドカード
ANA Suicaワイドカード
ANA アメリカン・エキスプレス・カード

10マイルコース 6,000円+消費税

ANAカードプレミアム
ANA ワイドゴールドカード
ANAダイナースカード
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANA JCB 学生カード

10マイルコース 無料で自動加入

 

 

 

わたしもANAマイラーですが、ゴールドカードは持たずに一般カードにしており、毎年1回「マイル移行手数料」を支払うことで「10マイルコース」にしています。ゴールドカードの年会費(15,120円)を支払うより、経済合理性が高いという判断からです。

 

 

ANAマイルがザクザク貯まる。三井住友VISAカード運営。

 

クレジットカード 発行スピード 海外キャッシングにおける特徴

ANAカード

 

 

最短
3営業日

●海外キャッシング、海外旅行保険(一般カードで最高レベル)における条件は、すべて三井住友VISAカードと同じ

 

●金利は年18.0%

 

●海外ATM手数料は「1万円以下108円、1万円超216円」

 

●年会費無料のハードルが低く、キャッシングデスクの対応も良い。海外での信用も高いため、海外キャッシング専用カードにGood。

 

●ANAマイルが貯まりやすい。「10マイルコース」の選択により、ゴールドカードと同じペースでマイルが貯まる。